シュタインズゲートゼロ感想10になります。

前回まではコチラ>>気になるダルの裏稼業

※ネタバレも含むので注意してください。

--スポンサーリンク--

いざクリスマスパーティへ

2015-12-29-214918

 

ラボへ向かうとパーティモード全開でお出向かえ。

(まゆしぃはコスしないハズでは)

 

 

2015-12-29-214927

 

フブキちゃんとカエデちゃんも参戦!

(おまんらいつからレギュラーメンバーに)

 

 

2015-12-29-214941

 

ルカ子の黒サンタ萌え萌え

だが(ry

 

 

2015-12-29-214957

 

綯様のサンタコスは今回はおあずけです。

(くっ)

 

 

2015-12-29-215034

 

いつものメンバーに空気の読めない外国人と真帆ニャンも参戦!

(なんてカオスなパーティだw)

 

 

ダルと鈴羽がまだ来てないようなのでお出迎えすることに。

鈴羽がこれから来るとダルから連絡があったので

鈴羽のお出迎えドッキリをすることに!

(鈴羽はパーティとは知らされていない)

 

2015-12-29-215654

 

 

鈴羽とダル登場!

暗闇の部屋でいきなりクラッカーをを発泡!

鈴羽は軍人パワー全開で由季を襲った!!

 

 

2015-12-29-215844

 

つまりクラッカーの音を発泡と間違えて瞬間的に反撃した的なw

こんなヤツに寝起きドッキリとか仕掛けたら殺されかねん(-_-)

サプライズ失敗した。失敗した。失敗した。(ry

 

 

ドッキリを仕掛けられたことに一瞬、

不機嫌になったかに思えた鈴羽だったが実は内心サプライズに喜んでいた。

(ツンツンめヽ(`Д´)ノ)

 

 

改めてパーティ開催!

~しばらくグダグダ~

 

 

ワーワー( ´∀`)

プレゼント交換とかしているリア充っぷりww

 

ダルのプレゼントが由季へ行くような胸くそ悪るい展開も。

 

 

パーティは楽しいなーって感じに盛り上っていたら・・・・

 

いきなりリーディングシュタイナー発動(´・ω・`)

 

どゆこと!?

 

 

岡部が新たにやって来た世界線は・・・

明らかに戦場のような場所だった・・。(岡部ざまぁ)

 

2015-12-29-220640

 

 

岡部は戦場と化した数カ月後の世界線に飛ばされていたのだ。

 

しばらくすると車に乗せられて
これまでのいきさつ(この世界線での)とか助手席の軍人に話される。
車内にはフブキちゃんと阿万音由季も乗っていた。

 

この世界線はロシアとのタイムマシン争奪戦で戦場と化した秋葉原の数ヶ月後の世界のようだった。

フブキや由季は何か情報を掴んでいるとして連れて来られている様子。

 

 

~中略~

 

 

2015-12-29-220843

 

 

はぐれていたラボメンとも再開。

※ガル○ン的なコスプレではないです。軍服を強制的に着させられているシリアスな場面です。

 

感動の再開を果たすも
話があると再び車へ連行される岡部。

 

連れて来られた車内で会わせたい人がいると携帯を渡された。

そこにはなんと、アマデウス紅莉栖がいた!

 

 

ここで再びリーディングシュタイナー発動!

 

どゆこと!!??

 

 

~再び別世界線へ~

岡部が再び戻って来たのは・・
そこはいつもと変わらないないラボだった。

まゆりとダルがいたので
いつも通り飛ばされて来た世界線の情報を確認した。

 

この世界線でのフブキちゃんは一ヶ月近く入院しているとのこと。

フブキちゃんにリーディングシュタイナー的な能力があるため
岡部は一度確認のため、フブキちゃんと話をするべく入院している病院へ向かうことにした。

 

続く>>シュタインズゲートゼロ感想11へ

 

感想

序盤はクリスマスパーティでギャルゲーモード全開って展開です。

萌え萌え~とか思っていたらいきなり別世界線へ飛ばされて戦争鬱展開へw

この落差もこのゲームの面白みでもありますな( ´∀`)

 

しばらくややこしい小難しい話が続くんですけど

要は紅莉栖の死んだ世界線では
紅莉栖の考えたタイムマシン理論が世間に漏れて
タイムマシン争奪戦となり世界規模の戦争に発展するわけです。

 

岡部が飛ばされた世界線はその戦争に発展したくらいの時期のようです。

あとフブキちゃんが思ってた以上に重要人物のようで、
フブキちゃんが謎にリーディングシュタイナーの使い手である可能性が出てきましたw

いきなり世界線が飛んだりと目まぐるしい展開になったりしますが・・

今後の本丸の話も気になるところですね^^;