シュタインズゲートゼロ感想9になります。

前回まではコチラ>>最初の分岐点へ

※ネタバレ含むので注意してください。

--スポンサーリンク--

風邪で寝込む鈴羽

鈴羽は珍しく体調を崩していた。

ラボに到着した途端に倒れこむ鈴羽。

その場にいたダル、由季、まゆりらに看病してもらう鈴羽。

軍人だった彼女にとっては致命的な問題だ。

阿万音由季に看病をしてもらう鈴羽。

 

2015-12-26-212614

(謎の歌は伏線になっているのか!?)

 

 

鈴羽の母親にあたる由季だが、本人はそのことは当然知らない。

母親の優しさを肌身で感じる鈴羽だった・・。

 

 

 

~その頃オカリンは・・~

メイド喫茶へ来た岡部。

真帆と一緒にメイクイーンへ来た理由はダルと合流するためだ。

ここでは真帆とフェイリスの絡みが楽しめますw

 

2015-12-26-213348

 

相変わらずなフェイリスにタジタジの真帆ニャンだったww

 

 

ダルの席へ向かう。ダルは怒っていた。

2015-12-26-213437

 

 

しばらくくだらない話が続き、本丸の話題へ・・。

 

ダルは『椎名かがり』という名前の人を知らないかと岡部に聞いた。

このときの岡部は『かがり』の事を知らない。

ダルがかがりを探している理由は鈴羽に頼まれているから。

ここで岡部は初めて、かがりが未来のまゆりの娘だと聞かされた。

 

 

さらにダルはかがりの事以外にもう一つ聞きたい話があった。

かなりヤバイ話らしく声に出したくないからラインでやり取りをする事に。

(桐生萌郁かよw)

 

 

~以下ライン~

ダル「ここから先は秘密の話になるんだ。だからこれ(ライン)で頼む」

岡部「秘密のバイトってお前の得意のハッキングかなにかだよな?」

ダル「まぁそんなとこ。つっても非合法な仕事ばっかじゃない。

~中略~

新しい暗号技術開発とかもしてるお。」

岡部「マジか。SEってやつ!?」

ダル「そこまでちゃんとしてないが一応業界では有名でさ、

世界中から依頼のくるグループなのだぜ。僕はDaSHと名乗っている」

 

~中略~

 

ダル「オカリンって牧瀬紅莉栖と親しかったんだよね?」

岡部「どーゆうことだ?」

ダル「牧瀬氏に関するアドバイスが欲しいんだ。今僕の担当している仕事で行き詰まっていてさ」

岡部「担当してる仕事ってなんだ?」

 

 

ダルはやっぱり話は辞めると言い出すが、

岡部は中途半端に言い出して辞めるなと説得しラインを続ける。

 

ダルは牧瀬紅莉栖のPCを預かっており、暗号解読を頼まれているが

まったく解除できず困っており、何か牧瀬紅莉栖が暗号に使いそうな言葉などを岡部に聞きたいとの事だった。

この話はまた今後ってことでひとまずは解散した・・。

 

 

~クリスマスイブ~

12月24日

 

まゆりから電話が入った。

2015-12-26-214835

 

 

夜からクリスマスパーティをラボで開催するからちゃんと来てねとラブコール。

女子メンバーが全員サンタコスをして待っているらしい。

(裏山すぎ。リア充許すまじw)

 

 

教授の研究所にいた岡部は真帆も連れてパーティへ向かうことに。

リア充どものクリスマスパーチィーがまさに今夜開催されようとしていた・・。

続く>>シュタインズゲートゼロ感想⑩

 

感想

今回も伏線いっぱいなので初回プレイの人は整理しないとって感じでしょう(^^;

逆に何度もプレイしている場合でも
かがりの生き方とか登場の仕方も分岐点によってかなり変わるので
どこの世界線での出来事だったかゴッチャゴチャになってきます(__)

 

この世界線では岡部はかがりの存在をまだ知らされていなかったのも忘れてました。。。

今回一番気になったのは、ダルの裏稼業ですかね^^;

初期設定ではギャグ的な意味でのスーパーハカーかと思ってたけど

今や普通に暗号解読とか依頼されてる文字通りのスーパーハッカーなのである。

ラボメンで一番闇な存在なのはダルな気がするわ・・。

 

 

そして女子達大勢でサンタコスのクリスマスパーティ会場へ
『絶対来てね♡』とか幼なじみ巨乳ロリ女子に誘われるオカリン;;

リア充爆発しろーヽ(`Д´)ノ