STEINS;GATE0の感想その8になります。

前回まではコチラ>>1975年の鈴羽とかがり

※ネタバレ含むのでご注意ください。

--スポンサーリンク--

神社へ

2015-12-25-211344

 

岡部は柳林神社へ来ていた。

ここで一度アマデウス紅莉栖と会話することにする。

 

アマデウス「ハロー」

岡部「話がある」

 

岡部はこれから教授や真帆と会うことで相談があると紅莉栖に伝えた。

これまでの会話がすべて記録されているのかを確認した。

これまでの会話はすべて教授や真帆に筒抜けだったことを初めて知った岡部。

特に問題発言(タイムマシンネタ等)はしていなかったようだ。

 

 

~どーでも良いクリスティーナ発言の件がしばらく続く~

 

アマデウス紅莉栖と話しているうちに昔を思い出す岡部・・

そしてトラウマ発生( ´Д`)

紅莉栖のことを想うと例のトラウマが発生する。

 

ぶっ倒れるオカリン

 

電話を一度切るが、すぐにアマデウスから着信が・・・。

 

岡部は「しばらく連絡はしないで欲しい」とだけ伝え電話を切る。

体調が悪いのでスマホの電源を一度切ろうと思う岡部。

 

 

ここは最初の分岐点です。

ここでスマホの電源を切るかどかは手動操作になります。

詳しくはコチラ参照>>エンディング分岐点

 

 

 

今回は一度クリア済みなので『トゥルーエンド』を目指そうと思います。

なのでスマホの電源は切りません(´・ω・`)キリッ

 

 

 

気分を直すべく秋葉原駅方面へ

そこでフブキちゃんとカエデちゃんに遭遇する

2015-12-25-212417

 

 

体調の悪そうな岡部を心配するフブキちゃんとカエデちゃん

 

 

 

~しばらくするとタイトルが切り替わる~

2015-12-25-212442

 

(スマホの電源を切っておくとここで別の世界線へ飛ばされます)

 

 

 

~教授と真帆の元へ向かう~

岡部「テスターを辞めたいです」

 

岡部はアマデウスのテスターを辞めたいと告げる。

真帆は無責任だと罵声を浴びせるも、
教授はリンタローの善意でやってもらっているから辞めたいなら構わないと言う。

それでもアマデウスとの岡部の今までの絡みを見て
研究サンプルを欲しいから、できればテスターを辞めないで欲しいと言うレスキネン教授。

 

結局テスターは辞めて良いが、
いつでも気が向いたらもっかい話してくれって感じでまとまった。

アマデウスアプリやアクセス権は岡部に残しておいて
紅莉栖からは電話はしないということになった。

 

 

その後、教授は電話で席を離れ
真帆と2人でしばらく話す。
紅莉栖の実家に火がつけられた事件を聞かされた。

その放火犯人を目撃した人曰くは
複数犯の犯行らしくプロ的な集団の仕業だったようだ。

(どんな集団だよw)

 

その犯人集団はロシア語を話していたらしい。

また新たに謎の組織らしき伏線が・・・。

 

 

 

~教授が戻ってきてみんなで食事に行く流れに~

2015-12-25-213639

 

 

教授ともなると、さすがに高級車に乗っているようだ。

 

 

地下駐車場から車で出発しようと思った矢先・・・。

 

 

影の柱から謎の男に射撃される!

 

2015-12-25-213802

 

(完全なるマジキチですw)

 

 

 

こっからはお約束のカーチェイス発動w

2015-12-25-213929

 

 

逃げ切ることはできず、そのまま犯人の乗っていた車をクラッシュ!!

 

狙撃手乙w

 

どーやら襲撃してきた男は
教授の講演会ときに横槍を入れてきて、岡部が食いついた男だったようだ。

 

 

なにやら黒い組織が裏で動いており岡部たちを狙っているようだ・・。

岡部の厨二病は治っても
物語は相変わらず中二な展開に進むのであった(´・ω・`)

 

続く>>シュタインズゲートゼロ感想⑨

 

感想

よーやく最初の分岐点につきました。

まだまだエンディングまでは長いです^^;

日記では「トゥルーエンド」を書いていこうと思います。

トゥルーエンドだけはまだ自分も見ていないので楽しみです。

このへんの物語は伏線ばっかりで意味が分からないので初プレイ時は置いてきぼりに注意(-_-)